脚が厚く残る原因はいくつかあり、スポーツを日常的に行っていた結果脚の筋肉が鍛えられて、脚が厚く患う方もいます。
そのように筋肉によって厚くなった脚を細くする対策を紹介します。

筋肉によって脚が厚くなったときの脚やせ対策には、ウォーキングやジョギング、スイミングなどの“有酸素運動”がおすすめです。
有酸素運動は、心拍数を一定に保った状態で運動できるので、継続的な脂肪燃焼効果が期待できるのです。
また、有酸素運動を積み重ねる結果、スポーツを続けて鍛えられた筋肉を抑える効果や、脂肪細胞やセルライトが、筋肉の間に入り込んでいる場合も、効率よく燃焼させることができるのです。
筋肉が分厚くなって脚も分厚くなってしまった人は、激しい運動や筋トレを行うと、一層筋肉が発達してしまうので、穏やかな有酸素運動を継続的に行いましょう。

さらに、さほど、体への負担も少ないので、運動を概ね取り止める人や、体を動かすのが苦手な人にとっても、有酸素運動は始めやすい運動だ。
運動が苦手だけど脚やせ対策に取り組みたい場合にも、有酸素運動がおすすめです。

有酸素運動の中でも、ウォーキングは気軽に始められますが、ただ歩いていれば可愛い、というわけではありません。
脚やせを目指すなら、ふさわしいウォーキングの方法を分かり、実践しましょう。

ウォーキングで大切なのは、「ふさわしい姿勢」だ。
ふさわしい姿勢でウォーキングを行わないと、脚やせ効果は半減してしまいますし、必要のない筋肉が発達して逆に厚くなってしまうこともあります。
ふさわしい姿勢を確認するには、肩の力を抜いて壁に背中を付けて、後頭部、肩の上の部分、お尻の上の部分、ふくらはぎが壁に何気なく付いた状態に立ちます。
この時、壁と腰の間に手のひらが入るだけの隙間ができる状態が規則正しい姿勢だ。
こういう姿勢を意識しながらウォーキングを行うことが大切なのです。

そして、規則正しい姿勢でおへその下に力を入れて、おへそを上へぐっと高めるようにして、凄まじく1歩を踏み出します。
そして、脚の親指で踏み切って、かかとで着地するように意識してあるく結果、足の裏を全体的に取り扱うことになるので、体重がバランス良くかかり、脚の筋肉全体が刺激になります。

あるくときの手は、肩に力が入らないように肘を小気味よく曲げて広く振る結果、酸素を手広く吸収できるので、脂肪の燃焼率がアップします。
規則正しい姿勢であるくのに慣れないうちは、10歩すすむごとに立ち止まって、姿勢が崩れていないかチェックしましょう。引用