基本的に車は高めものですから、誰もが現金一括で購入出来るわけではありません。
ローンを組んで購入するかたは少なくないですが、そのローンも新車の場合、5回や6回の分割ではなく、数年にもなる長いローンを組んで購入するかたが大して多いです。
そんなふうにしますと、当然のことながら、ローンを払い終えないうちに車を売りたく至る場合も生じることでしょうし、売らないといけない状態になることもあり得ます。
一体全体ローンが残っている状態で車を売却することが出来るのでしょうか。
非常に気になりますよね。
とくに、ローンが残っているかたは。
結論から申しますと、個人売買の場合やディーラーさんのローン、信販会社のローンにおいて掛かるかたは、ローンが残っている状態で車を並べることはできません。
その理由は、車の権利がご自身にはないからだ。
ローンを完済したときにはじめて、ご自身が所有しているに関してになるのです。
しかし、車買取の業者さんに並べる場合には、ローンが残っていても買取していただける可能性が高いのです。
何だかと申しますと、わかりやすい例を挙げてご説明いたしましょう。
たとえば、100万円のローンが残っている車を車買取業者さんに買取してもらうと仮定ください。
そして、業者さんの見積りが50万円だったと行なう。
この場合、見積りの50万円をローンの返済に置きます。
残りの50万円は、ご自身で払わなくてはなりませんが、100万円のローンが残っていたのが、50万円で済むことになりますね。
ただし、その50万円は既にローンで払うことは出来なくなりますので、貯金やボーナスから一括払いをしなくてはなりません。
ですが、この方法ですとローンが残っていても、車を売却することができますので、一向に売りたいかたや、売らなければならない状況になってしまったかたには大変おすすめです。
これもまた、車買取業者さんの大きなメリットと言えますので、他の方法と比較しても、車買取業者さんに買取して貰うのはおすすめです。
ちなみに、最近は貯蓄の金利が少ないのにローンの金利はおっきいままですので、車の購入も思い切って現金一括払いにするかたも増えてきています。
どちらが良いか比較するまでもなく、金利分がもったいないのは確かですので、次に車を購入する時折、現金一括払いにかけてみるのも良いかもしれませんよ。
貯めたお金がいっぺんに無くなってしまうのもうら淋しい気がしますが。モットンの口コミと効果!腰痛マットレスって実際どうなの?【真実】